ピピ島で夏休み気分満載!ピピ ザ ビーチ リゾートホテル(ロングビーチ)

ピピ島

「ピピ・ザ・ビーチ・リゾート(The Beach Resort)」はタイのピピ島のにあるホテルで、プライベート感たっぷりのホテルです。

丘の上にコテージが並ぶ姿もとってもかわいいので、ピピ島に訪れる際はぜひチェックしてみてください。

ピピ・ザ・ビーチ・リゾート(The Beach Resort)の場所

ピピ・ザ・ビーチ・リゾートホテルがあるは、ピピ島のロングビーチの目の前。

ロングビーチに向かうにはフェリーが発着するトンサイ港からボートに乗る必要があるので、かなりプライベート感を感じることができます。

ホテルに事前に連絡しておけば、トンサイ港までロングテールボートで迎えに来てもらうことが可能です。

ピピ・ザ・ビーチ・リゾート(The Beach Resort)の様子

ピピ・ザ・ビーチ・リゾートホテルは丘の上にコテージが並んでおり、海側からみるとこんな感じです。

敷地内はかなり広く、緑がいっぱい。

部屋に向かうこの道を歩いているだけでも気持ちよかったです。夏休みー!って感じ◎

部屋へ向かうまではひたすら上り坂なので、受付にソンテウがいるときは声を掛ければ部屋まで乗せて行ってくれます。

チェックアウトの時間も事前に伝えておけば、部屋まで荷物を取りに来てくれるので全く不便はありませんでした。

敷地内のあちこちでねこちゃんが寝ていて、のんびりした雰囲気を味わえます。

ピピ ザ ビーチ リゾートの詳細はこちら(Expedia) 

部屋

お部屋はウッド調の温もりある雰囲気が特徴です。

大きな窓がいくつもあるので、部屋は全体的に明るい雰囲気◎

全てコテージタイプの部屋で階段を登って少し高い位置にあるため、窓を開けていてもプライバシーが守られている感じがあります。

玄関前には椅子やテーブルがあって、ここでコーヒーを飲むのも最高でした。

浴室の壁や床は少し古さを感じますが、トイレやシャワーは新しく付け替えられていたのできれい。

シャワースペースもかなり広々としていて快適でした◎

ドアサインプレートも南国っぽくてかわいい◎

水やコーヒーなどのフリードリンクも付いてます。

レストラン

受付の目の前の開けたスペースがレストランになっていて、天気がよければここで食事を楽しめます。

目の前は海なので、かなり開放感があって快適◎

夜になるとライトアップもされていい雰囲気です。

タイ料理を中心としたメニューはどれも美味しかったのですが、特にこのマッサマンカレーがお気に入り◎

デザートやコーヒーもあるので、ランチタイムの利用もできます。

朝食会場

朝食会場は、受付の目の前ではなく横にある屋根付きの会場でした。

ビュッフェ形式で、自分で取ってくるスタイルです。

卵料理だけはスタッフの方が聞きに来てくれて、席まで持って来てくれました。

アクティビティ

目の前には「ロングビーチ」広がり、トンサイビーチよりも行き来する船が少ないので気軽にシュノーケルが楽しめます。

ホテルのレストランの横にバーがあり、ここでロングテールボートの予約も可能です。

私たちが宿泊したときはかなり人も少なかったので、予約すればすぐにでも出発できました。

ピレーラグーン、マヤベイ、モンキービーチなど、周辺のビーチを周ることができ、最短1時間からボートを貸切できます。

スタッフの方に行きたいところを伝えれば、目安の所要時間も教えてくれるので安心です◎

予約は基本的には英語かタイ語ですが、GET YOUR GUIDEVELTRAなどのサイトから日本語で事前予約も可能です。

>>>アクティビティの詳細はこちら
(GRT YOUR GUIDE)

>>>アクティビティの詳細はこちら
(VELTRA)

 

ロングビーチにはシャークポイントというサメの通り道がすぐ近くにあり、泳ぎの堪能な方はシュノーケルで向かっている方もいました。

しかし、岩場やウニも多いのでボートで向かうのが安全かなぁと思います。

「ピピ島でやるべきアクティビティ」にアクティビティの様子をまとてめいますので、あわせてチェックしてみてください。

ピピ・ザ・ビーチ・リゾート(The Beach Resort)のまとめ

ピピ・ザ・ビーチ・リゾート(The Beach Resort)ホテルは、メインのトンサイ港付近にあるホテルよりものんびりしています。

ピピ島でゆっくりと過ごしたい方や、セルフでシュノーケルを楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

ピピ ザ ビーチ リゾートの詳細はこちら(Expedia) 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました