バンコク市内が見渡せる!【ワット・サケット】黄金の丘(Golden Mount)

タイ観光

「黄金の丘(Golden Mount)」と呼ばれるバンコクの寺院「ワット・サケット」の丘の頂上からはバンコク市内を360度見渡すことができます。

頂上へ向かうまでの道のりや見どころなどもあわせてご紹介します。

ワット・サケットへの行き方

ワット・サケットは登りと下りで一方通行なので、マップ上で「UP」と書かれている場所を目指します。

①船:パンファー船着き場から徒歩約6分

(※水上バスは2021年7月から土日祝運休しており、再開されていない可能性があります。)

②MRTサムヨット駅(SamYot):徒歩約13分

MRTサムヨット駅からの最短で出てくるルートだと入り口がかなり道が細く分かりにくいので、①の船からと同じ入り口を目指すか「ワットサケット校」側の入り口の方がわかりやすいかもしれません。

暑い日は歩くと結構大変な距離なので駅からタクシーをおすすめします。

ツアーに申し込むと、ワット・アルンや王宮などもあわせて、スムーズに回ることもできます。

>>>ツアー詳細はこちら

タイ バンコク市内寺院&ワット・サケットツアー予約 <往復送迎/日本語ガイド>【楽天トラベル 観光体験】

ワット・サケットへ登る

「UP」の印があった場所はこの大きな岩が目印です。

岩の中は「ミュージアム」と書かれていて、中には大きな仏像がありました。

ワット・サケットへ登るチケットカウンターは岩の左側へ進んで行くとあります。

チケット(50THB)を買ったらいざ出発!

登り口では「見ざる」「言わざる」「聞かざる」のポーズをしたお猿さんの像が出迎えてくれます。

階段は全部で344段あると聞き、心の準備をして歩きやすい靴で行きました。

登り始めてすぐに「Golden Mount」のモニュメントがあり、このあたりで写真を取っている人が結構います。

登り始めたあたりはミストが出ていたり、木が階段を囲むように生えているので陰になって思っていたより涼しい。

1段ずつの段差も低めなので意外と登りやすかったです。

階段の横にはさまざまな像が並んでいます。犬や猫、うさぎなんかの像も出てくるので見ながら登るのも楽しいですよ。

半分くらい来たのかな〜?と思ったあたりにカフェが。

「絶対に疲れるからここのカフェで休憩してから行く!」と決めていたのですが、意外とあまり疲れていなかったので今回は見送りました。

寺院にあるカフェとは思えないおしゃれな雰囲気のカフェです。

カフェを通り過ぎると鐘のゾーン。

この鐘を鳴らしながら歩くのですが、この鐘の音はワットサケットの後に行った周辺の川沿いのカフェにまで聞こえてきました。

横には大きな銅鑼があり「ゴーン」「ゴーン」「ゴーン」とタイの方々は3回ずつ鳴らして行きます。

先ほどの鐘とはまた違った低くて響く音が鳴ります。

この辺りから木もなくなり、晴れていると直射日光が当たります。

鐘のすぐ上あたりにいくつかベンチがあるので、疲れた方はここで少し休憩。

まだ途中ですが、ここからの景色も綺麗です。

ひらひらとタイの国旗が見え始めたら頂上はもう少し!頑張ってください!

頂上の建物についたら「靴を脱がないでください」という表記があります。

ワット・サケットは下るまで一方通行のため、靴を履いたまま進みます。

黄金の仏塔までは、中の階段を登ってさらに上まで行きます。

この階段は人が1人通るのがやっとの横幅で、小柄な女性でもかがんで進むほど。

天井にクッションなどはしてありますが、頭上には十分気をつけてください。

階段を登ればついに下からずっと見ていた金の仏塔です!

大きい!大きすぎて写真にはなかなかおさまりません。

そしてここからは360度そこからでもバンコクの街並みを見下ろすことができます。

この日は風もありとても気持ちよかったです。

帰りは逆の道をまだぐるぐると下りて行きます。

同じような道ですが、下向きになった矢印がついているところが下へ行く道です。

また登りと同じように鐘もあります。

途中で道が二手に分かれるのですが、私たちは右へ。

出口直前に金の葉っぱが40THBで売っていて、お願い事を書いて結ぶようです。

登り始めてからここまで約40分程度。

途中でカフェがあったり上では飲み物を買うこともできるので、こまめに水分補給をしながら登ることをおすすめします!

ワット・サケットの詳細

住所 344 Thanon Chakkraphatdi Phong, Ban Bat, Pom Prap Sattru Phai, Bangkok 10100(地図
電話 +66650103131
営業時間 7:00~19:00
拝観料 50THB

ワット・サケットの周辺スポット

ワット・サケットとあわせて訪れることができるおすすめのスポットをご紹介します。

Sané Phuthong

店内からワット・サケットを見ることができる、川沿いのカフェです。

アンティーク調の店内は落ち着いた雰囲気で、日曜日限定でキュートな看板犬「ワンタン」に会えるかもしれません。

ワット・サケットのまとめ

今回は午前中のうちにワット・サケットへ登りましたが、夕方の景色もきれいそうでした!

夜になるとライトアップされるようで、下から見るとまるでワットサケットが浮かんでいるようにも見えるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました