バンコクのナイトマーケット【シーナカリン鉄道市場】まるでアメリカ?

タイ観光

バンコクの少し郊外にあるナイトマーケット「シーナカリン鉄道市場(タラート・ロットファイ・シーナカリン)」についてまとめました。

現在は閉鎖されてしまっていますが、SNSでも大きな反響を得ていた「ラチャダー鉄道市場」と同じく週末に大規模なナイトマーケットを行なっている鉄道市場です。

2021年11月にはシーナカリン鉄道市場と同じ運営会社の「JOOD FAIRS」というナイトマーケットも新しくできました。

バンコクのシーナカリン鉄道市場の場所

シーナカリン鉄道市場は最寄り駅が少し遠いです。

現在新しい駅を建設中らしく、完成すればすぐ目の前まで行けるようです。

バンコクのシーナカリン鉄道市場への行き方

MRT:オンヌット駅(On Nut)から車約15〜20分
BTS:ウドムスック駅(Udom Suk )から車で約15〜20分

オンヌットのBigC前から出ているソンテウ(1人9バーツ)に乗ってシーコンスクエアまで行き、そこから徒歩で目指すこともできます。

シーコンスクエアから入り口までは徒歩約5分。

テスコロータスを過ぎた先の交差点を信号を渡らずに左折すると、すぐ入り口が見えてきます。

緑の看板はお店なので左側の通路をずーっと直進。

通路内にはウォールアートがあったり、飲食店などが並んでいたりしてすでに楽しい雰囲気です。

数分歩いてようやくメインのマーケットに到着!

バンコクのシーナカリン鉄道市場の様子

シーナカリンのナイトマーケットがオープンするのは17時から。ここからはナイトマーケットの様子をご紹介します。

アメリカンテイストなショップ

タイにあるほかのナイトマーケットや市場と大きく違うのは、アメリカンテイストなモニュメントやショップが多いところではないでしょうか。

車からサボテン。かわいい。

『ワイルド・スピード』のドムが今にも運転席から出てきそう…かっこいい…。

ルート66っぽい看板も発見!

アンティークなお店が並ぶのはマーケットの奥の方のエリアです。

何年も前に夫と実際にアメリカのルート66を車でドライブしたことがあるのですが、そのときにこんなお店がいっぱいあったな〜と。

本当にアメリカに来ているみたいで、ショップを見ながら歩いているだけでめちゃくちゃ楽しい!

 

 

 

 

沖縄の「美浜アメリカンビレッジ」や東京の福生にある「ベースサイドストリート」の雰囲気が好きな人は、かなりハマるのではないでしょうか!

ファッション、雑貨

そのほかの売っているアイテムはファッションアイテムや雑貨がメインです。

タイのマーケットでよく見るカゴバッグや帽子、韓国っぽい服もたくさん並んでいました。

中でも驚いたのは靴屋さんの多さ!

ショップとショップの間の通路にまで並べられているところもあります。

そのほかで意外だったのが、ネイルが人気ということ。

マーケット内でいくつかネイルショップを見かけたのですが、どのお店もほぼ満席でした。

ちらっとメニュー表で見えたのが「ジェルネイル150THB」。

これだけ人気があると気になっちゃいますね。

屋台、レストラン

シーナカリン鉄道市場は屋台やレストランの数も豊富です。

屋台はほとんどがぎゅっと一箇所に集まっているので、気軽に見て回ることができます。

日本料理、タイ料理、韓国料理、洋食などレパートリーも豊富。

下の写真のパンケーキ屋さんは、写真を見せるとなんでもパンケーキで描いてくれるみたいです。

子どもたちがキラキラとした目で注文していました。

屋台以外にもひとつひとつ独立したレストランもあります。

 

中でもお客さんが多くて人気があるように感じたのが、下の写真のようなお肉や海鮮を自分で焼いて食べられるお店。

この写真の店舗以外にも似たようなお店がいくつかあり、中にはタイ料理のチムチュムのお鍋を選べるお店もありました。

バンコクのシーナカリン鉄道市場の詳細

住所 1 4 Srinagarindra Rd, Nong Bon, Prawet, Bangkok 10250(地図
電話 +66818275885
営業時間 木曜日〜日曜日:17:00~23:00 月曜日〜水曜日:定休日
公式Facebook

バンコクのシーナカリン鉄道市場のまとめ

シーナカリン鉄道市場はバンコク市内の「チャトチャックウィークエンド市場」ともまた違った雰囲気で、とっても楽しかったです!

タイ感もありつつアメリカンな雰囲気も楽しめるので、一度で二度おいしいナイトマーケット。

はじめは開いていなかったお店も18:00~19:00頃には開いていたので、たくさんのお店を見て回りたい方はオープン直後より少し時間が経ってから訪れるのがよいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました