バンコクの雨季(6月〜10月)の注意点!タイ旅行を楽しむコツ

タイ観光

タイには暑季(3月〜5月)、雨季(6月〜10月)、乾季(11月〜2月)の3つの季節があります。

雨季は日本の梅雨とはまた違った注意が必要なので、雨季にタイを訪れる際の注意点をまとめました。

タイの雨季

タイの雨季はだいたい6月〜10月頃。9月〜10月の後半にかけて雨の日が多くなっていきます。

1日中雨が降っていることは少なく、1~2時間程度の激しいスコールが降ることが多いです。

タイの雨季の注意点

タイの雨季の注意点をいくつかまとめました。

デング熱に注意

デング熱は蚊を媒介して感染する病気で、雨季には特にリスクが高まります。

タイの首都バンコク市内でも毎年感染例があり、蚊に刺されないことが一番の予防法です。

虫除けをこまめに塗ったり、薄手の長袖長ズボンの服を着用して対策しましょう。

タイでしか売っていない虫除けなどもあり現地調達も可能です。

道路の冠水に注意

大量の雨が降ると、道路が冠水してしまうことがあります。

バンコク市内では特にチャオプラヤー川周辺では注意が必要で、船乗り場が浸水してしまっていることもあります。

汚染された水が傷口に触れると、感染症を引き起こすこともあるので、極力冠水した道路は避けて歩くようにしましょう。

大量の雨が降った後には船での移動を避け、タクシーや電車に切り替えるのもひとつの手です。

止むを得ず冠水した道路を通らなければならない場合は、長靴の着用や防水バンドエイドの使用が病院などからも推奨されています。

垂れ下がった電線に注意

日本ではあまり見ませんが、タイではちらほらと垂れ下がった電線を目にします。

濡れた道路に電線が触れることによって感電の事故も起きているので、電線が垂れ下がっているのが見えたら避けて歩くようにしましょう。

現在、電線を地下に埋める工事が進められている最中でかなりキレイになったエリアもありますが、まだまだ注意が必要です。

渋滞に注意

バンコクはもともと交通量が多く、特に通勤退勤時間には道路が渋滞することがよくあります。

雨が降って冠水すると通勤退勤以外の時間にも大渋滞することもあるので、早めの行動が必要です。

雨が上がった直後も、雨宿りしていたバイクが一気に走り出して道が渋滞することもあります。

場合によってはタクシーやバスより電車の方が早く移動できることもあるので、予定に合わせて移動手段を選んでみてください。

道路のタイルからの水はねに注意

このような道路のタイルの下に実は少し隙間ができているような場所があったりして、そのタイルを踏むと水が跳ね上がってきて濡れることもたまにあります。

見た目ではあまり分かりにくいのですが「あ、ちょっと浮いてるかも」と思うようなタイルは避けて歩きましょう。

ちなみに友達はこれを「マインスリーパー」と呼んでいました。笑(地雷を踏まないようにブロックを開けていくゲーム)

室内に入るときには上着を持ち歩く

タイのショッピングモールやレストランは冷房がかなり強い場所がたくさんあります。

雨に濡れたあとにそのまま入ってしまうと寒くなってしまうことも。薄手の上着を持っておくと安心です。

タイの雨季のおすすめの過ごし方

雨季にタイへ訪れる際の、おすすめの過ごし方をご紹介します。

高級ホテルでステイケーション

タイには数多くの五つ星ホテルがあり、日本よりも比較的良心的な価格で宿泊できるホテルもたくさんあります。

プールやジム、スパ付きのホテルや、タイ料理やアフタヌーンティが楽しめるホテルなどさまざま。

1日中ホテル内で過ごしても飽きないようなところもたくさんあるので、ステイケーションを楽しむというのもおすすめです。

<バンコクのおすすめホテル>

<パタヤのおすすめホテル>

<ホアヒンのおすすめホテル>

マッサージを受ける

マッサージを受けながら雨が止むのも待つのもおすすめです。

タイではマッサージを日本よりかなりお得な料金で受けることができます。

簡易的なフットマッサージであれば、安いとことだと250バーツ前後。高級マッサージも、日本の半額以下の料金で受けられるようなとこともたくさんあります。

おしゃれなレストランやカフェへ行く

傘が全く役に立たないこともあるので、雨が降ってきたらレストランやカフェで休憩しながら止むのを待ちましょう。

バンコクにはおしゃれなカフェやレストランがたくさんあり、ホテルのカフェなどではかわいらしいアフタヌーンティーを楽しめます。

雨雲レーダーなどをチェックしながら、雨が降りそうだなと思ったら事前にお店に入っておくのもおすすめです。

アプリで雨雲をチェック

外出時に怪しい雨雲が見えたら、アプリで雨雲をチェックするようにしています。

TVIS

TVIS
開発元:NECTEC
無料
posted withアプリーチ

私がいつも使っているのはこちらのアプリ。今のところ結構正確かな〜と思ってます。

約2時間前から現在までの雲の動きを見ることができるので、今後の予測もしやすいと思います。

タイの雨季まとめ

一般的にはタイに訪れるベストシーズンは乾季とされていますが、雨季でも十分旅行を楽しむことができます。

ハイシーズンに比べて旅行客が少なかったり、ホテルが安く予約できたりとメリットもあったりするので、逆に狙い目かもしれません。

旅行の日程に合わせて、雨季のタイの楽しみ方をチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました